ようこそ、小谷村へ!

1youkoso

信州小谷村

信州の北西に位置する小谷村。「小谷」と書いて「おたり」と読みます。日本有数の豪雪地帯であり、冬場は一晩に1mの降雪が降ることも。人口約3000人の小さな村ですが西には北アルプス連峰、北には百名山の雨飾山があり、迫り来る山々が四季の色彩を常に変化させています。

2youkoso

世界に誇る雄大な地形

3youkoso

北アルプスの雄大な山々が連なる日本有数のスキーリゾート。

栂池高原スキー場・白馬乗鞍スキー場・白馬コルチナスキー場にはそれぞれ特色の異なるコースが整備され、最大斜度35度の急斜面から10度のファミリーゲレンデまで、幅広いファンを魅了し続けています。

また、隣接する白馬村と合わせて「HAKUBAVALLEY」として、日本国内にとどまらず海外からのお客様にも人気があり、雄大な景色・地形・パウダースノーを求め、シーズンには世界中からスキーヤーが集結し、世界が注目する村として、国際色豊かになります。

名山を臨み、四季の変化を感じ取る

4youkoso

西側山地は中部山岳国立公園、東側山地は妙高戸隠連山国立公園。

2つの国立公園に囲まれ、四季折々の山々が楽しめます。

小谷村には日本百名山の白馬岳や雨飾山への登山口があり、夏から秋にかけて多くの登山家でにぎわいをみせます。

深いブナ林から、険しい尾根、多種多様な高山植物。

変化に富んだ登山の醍醐味と景観が楽しめます。

 

自然と共に生きる

5youkoso

小谷村の生活。

それは、まさに自然との共存です。

現在では3000人を切るほどの村ですが、そこで今でも暮らす人々は、日々山と共に暮らしを営み続けてきました。
小谷村では集落単位での生活スタイルがほとんどですが、過疎が進む中、集落に一軒もしくは1人という集落も増えてきました。
そんな中で、先祖から受け継いだ山々や畑、田んぼ、家を大切に守りながら暮らしています。

漬物大国、長野県と言われますが、小谷村も例外ではなく、お茶菓子にお漬物は当たり前。
郷土料理も多く残り、昔の暮らしを今でも垣間見れる原風景がここにはあります。